はじめに
虫歯ができてしまったのはなぜ?
虫歯予防のための正しい歯のみがき方
虫歯予防のポイント
虫歯予防処置
泣いているお子さんや、嫌がるお子さんでも、最後まできちんと診療をします。もちろん、お父さんやお母さんが診療室に一緒にいてもらってもかまいません。ハブラシ指導やフッ素塗布、それに予防充填(シーラント)などを行っております。ご希望の患者さんには予防歯科的なPMTC、咬合(咬み合わせ)管理なども行います。終了後4ヵ月目に定期健診のお知らせのハガキがご家庭に届くようにしております。


虫歯ができてから初めて来院されると、その虫歯をすぐに治療しなくてはいけないのでお子さんにとっては、虫歯の進行度合いが進んでいればいるほど、大人と同じような治療を経験しなくてはならなくなります。
それは、歯科医院がとても怖くて嫌な場所になる原因のひとつになります。
虫歯のできる以前から、定期健診やブラッシング指導などで歯科医院に慣れているお子さんは、たとえ虫歯が見つかっても小さくて、少しの治療で済むだけでなく、なにより治療に対して嫌がらなくなる傾向があります。
虫歯ができてから治療で通うより、できる前から検診に訪れて、歯科医院の雰囲気に慣れてもらうことはとても効果的です。