レーザー治療器最近、歯科でもよく耳にするようになったレーザー治療をご存じですか?
レーザー治療は、レーザーを患部に照射することで行う治療です。
外科や眼科など多くの医療分野で利用され、比較的安全で痛みや副作用も少ないので、歯科治療でも様々な用途に使われだしています。たとえば、当院では以下のような治療にレーザーを利用しています。
また、それぞれの症状の状態により、効果の度合いが変わることがありますので、状況を把握したうえで最適な治療を行います。

歯のミゾは複雑で深く入り組んでいるため、そこにたまってしまった食べカスなどは、歯ブラシだけでは取り除くのが難しいものです。レーザーは歯ブラシの届かない深いミゾの奥でも、熱エネルギーで虫歯の原因となる虫歯菌をやっつけます。しかも、レーザーをあてることによって歯が強くなり。虫歯になりにくくなるほか、歯を強くするためのフッ素も浸透しやすくなります。ごく初期の虫歯なら、レーザー治療によって虫歯の進行をとめたり、虫歯を除去する事もできます。

歯の神経を取る治療や、歯の根の先に溜まった膿の治療の時に、神経の通っていた部屋(根管)にレーザーをあてることによって、熱エネルギーで虫歯や膿の細菌に汚染された根管の殺菌を行います。通常の根管治療よりずっときれいになります。

歯周病は、歯周病菌などによって歯ぐきから血が出たりし、症状が進行すると歯が抜けてしまうこともあります。レーザーをあてることで、歯周病の元となっている細菌を減らし、出血や痛みをおさえて治るまでの期間短縮が期待できます。
ブラッシング指導や歯石の除去などの一般的な歯周病治療も併行して行います。

「歯がしみる・・・」ことの原因のひとつが知覚過敏です。歯の表面を覆っているエナメル質に穴があき、その下の象牙質から内部の神経につながる孔(あな)を通して、神経を刺激しています。レーザーをあてることで、歯の表面に薄い膜をつくり、神経を保護することで、痛みやしみるのを防ぐことができます。

口内炎や口角炎は痛くなったり、ふくらんで歯にあたったりします。レーザー治療で痛みをやわらげ、早い治りを期待できます。

メラニン色素によって黒ずんでしまった歯ぐきを、もとの健康的なピンク色に戻す治療です。レーザーを照射後、数日できれいになります。